豊島区大塚の歯科なら大多和歯科医院|スポーツ歯科

大多和歯科医院
電話番号 電話番号

小児歯科

小児歯科

生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯菌はいません。
虫歯の原因菌(ミュータンス菌)はお母さんや周りの家族の人の唾液から感染します。
大人が使用した箸やスプーン、キス、噛み与えなどによりお子さんに感染していきます。 歯が生える生後6ヶ月から2歳までは特に注意が必要です。

保護者の方へのお願い

お子さんの治療にあたって、大多和歯科医院から保護者の方へお願いがあります。スムーズな治療を進めるために、次のことにご協力ください。

歯科恐怖症にならないためにも「歯医者さんは怖いところ」といった話をされないようにしてください。
もしも治療の際にお子さんが泣いてしまっても、治療後には「よく頑張ったね」と、ほめてあげてください。

お子様への歯科処置

シーラント

シーラント

奥歯には複雑な溝があり、食べカスなどがたまりやすく虫歯になりやすくなっています。シーラントは、虫歯になりやすい奥歯の溝に歯科用プラスチックを埋め込んで、食べカスがたまらないようにする処置。ブラッシングもしやすくなるため、効果的に虫歯を予防します。

フッ素添付

フッ素添付

フッ素には歯質を強くして虫歯を抑制する効果があります。数ヶ月に一度は、定期検診の際に歯の表面にフッ素を塗布し、虫歯の予防に努めましょう。

シーラントとは?

シーラントとは奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。
あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。
このプラスチックは虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないという考えで普及し始めました。

六歳臼歯に効果的

このレジンが長い間のうちにはがれてしまうことも考えられますが、いずれにしても短期的にはきちんと詰めればそれなりの効果があがっています。
生えて間もない奥歯の永久歯(六歳臼歯)は特に虫歯になりやすいので、この方法は有効です。

定期管理が大切

しかし、虫歯予防はもうこれで十分というわけではありません。
きちんとブラッシングをして、シーラントがきちんとついているかなどの定期健診を受け、フッ素を活用したり、食生活でも注意して、総合的にすすめることが大切です。

フッ素

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布する事で、歯の質を強くし、虫歯になりにくくする処理です。シーラントは奥歯の予防処置ですが、フッ素塗布は歯全体の予防処置になります。この2つの処置を行っていくことにより虫歯の予防効果は高くなるのです。

小児歯科処置の注意

シーラント・フッ素は予防処置ですので、この2つを行ったからといって必ず虫歯にはならないというわけではありません。
ご家庭では保護者のみなさんで仕上げ磨きを行い、食べたら磨く習慣をつけて食生活の環境を改善していかれて下さい。