豊島区大塚の歯科なら大多和歯科医院|スポーツ歯科

大多和歯科医院
電話番号 電話番号

つめもの

つめもの(インレー)とは

インレーとは、奥歯の咬合面に虫歯ができた場合、虫歯の部分だけを削り取り、歯の型をとって金属またはセラミックの人工歯を装着する治療法です。一般的には「つめもの」と言われます。虫歯が大きい場合には、クラウン(かぶせ物)で治療を行います。
通常保険治療では部分的な銀歯またはレジン(プラスチック素材)が使用されますが、金属のものは審美性に欠ける・金属アレルギーの心配があるなどの欠点があり、レジンは吸水性が高く変色しやすい・強度が低いなどの欠点があり、長期間の使用には適しておりません。
また、安価な素材のインレーは細かい調整がしにくいことから、歯とインレーの間に隙間ができやすく、隙間から虫歯になりやすいという欠点もあります。

セラミックの利点

それらの欠点をカバーする素材として、「セラミック」が使用されております。セラミック製のインレー・クラウンは保険が適用されず高価になりますが、透明感があり変色しにくいのが特徴です。審美性に優れているだけでなく、耐久性があるという利点があります。
また、虫歯治療の詰め物としてセラミックをお選びいただく以外にも、以前に治療した銀歯部分をセラミックに交換される方が増えております。古くなった銀歯が黒ずんで虫歯のように見えるのが気になる方は、審美性を求めてセラミック治療をされています。

つめもの(インレー)の特徴

オールセラミック

完全なセラミック素材です。ハイブリッドセラミックインレーに比べ、透明感に優れ、丈夫なセラミック歯です。
また、ハイブリッドセラミックインレーの様にレジンを一切使用しておらずセラミック材料のみでできているので、汚れを吸収し、時間の経過とともに黒色や黄色に変色してしまうということもありません。

ハイブリットセラミック

レジン(プラスチック素材)とセラミックを混ぜ合わせた素材です。保険適用の部分的な銀歯に比べ、しっかりと歯に合うので虫歯になりにくいという特徴があります。色も白く綺麗なので、他の人から見えてしまうような比較的手前側に位置する奥歯の部分に使用することもできます。またレジンのみでできておらず、レジンにセラミックを配合した材料を使用しているので、時間の経過とともに黒色や黄色に変色してしまうということあります。

ゴールド

金合金や白銀加金を使用します。これらの金属は非常に劣化しにくく、保険適用の金属で問題だった金属が体内に溶け出すことによる金属アレルギーや二次虫歯の問題を解消しています。審美的には見た目が金属色にはなりますが、歯科修復材として高く評価されており、奥歯の治療にお勧めです。

金銀パラジウム合金(保険適用)

銀歯と呼ばれ、保険適用が可能な素材です。強度があり、主に奥歯の治療に使われます。
メタルインレーは、金属を使っている為、長期間使用することによって金属が溶け出して歯の根元部分に黒いラインが見えてきたり、歯ぐきが変色したりする場合があります。熱伝導性が高いので、熱い飲食物や冷たい飲食物に過敏になる場合もあります。

つめもの(インレー)の一覧

の数は比較の目安です。お口の状況によって変わる場合があります。
素材・名称 写真 ワンポイント 素材 美しさ 耐久性 清潔感
オール
セラミック
オール セラミック 最高の美しさ 100%セラミックを使ったもの
ハイブリッドセラミック ハイブリッドセラミック 自然な白さ セラミックとプラスチックを混ぜたもの
ゴールド ゴールド 健康 合金を使用
金銀パラジウム合金
(保険適用)
金銀パラジウム合金 保険適 銀、パラジウムなどを使った銀合金