豊島区大塚の歯科なら大多和歯科医院|スポーツ歯科

大多和歯科医院
電話番号 電話番号

入れ歯

入れ歯

入れ歯はインプラントと比べ、安価で短期間に終了する治療法です。
また、さまざまな種類、素材の入れ歯がありますので、ご自分にあった入れ歯を探していただくことができます。費用や治療期間の長さからインプラント治療を敬遠される方や、手術に適さない方に向いている治療方法です。インプラント治療は顎の骨が少ない方には受けていただくことができません(顎の骨に人工歯根を埋め込むため)また、高齢のため手術を受けるだけの体力のない方や、心臓病・高血圧・糖尿病などの持病をお持ちの方にも受けていただけません。

保険の入れ歯と自費の入れ歯の違い

入れ歯(義歯)には健康保険適用の保険適用の入れ歯と健康保険適用外の入れ歯の2種類があり、診療内容によって使用される材質が変わります。

総義歯の場合

保険の義歯はプラスチックで自費の義歯は金属床です。
プラスチックは割れやすくある程度の厚みを持たせて作っていますが、金属床は薄く作れるので異物感が少なく快適です。
金属はチタンが軽いとされています。

部分義歯の場合

保険の義歯は使用できる部品が決まっています。
自費の義歯は設計が自由ですので審美的にこだわることができます。

噛み具合

保険と自費にかかわらず、噛んだ時の違和感や痛みなどは医師の経験や技術によりかなり違ってきます。
保険の場合は入れ歯の不具合をある程度我慢しなければならないことが有るかもしれません。
自費の場合は歯科医が考えている最高の治療が可能なので歯科医の能力がフルに発揮できます。
患者様と歯科医が協力してより良い入れ歯を作れます。

素材の種類

レジン床義歯(保険適用)

プラスチックでできた入れ歯です。保険診療では材質、形態などに制限があります。

チタン床義歯

チタンとは、スペースシャトルや航空機などのハイテク分野から、最近では眼鏡のフレームやスポーツ用品などで使われる軽くて丈夫な金属です。安定した皮膜に包まれており、金属の消耗などから起こるアレルギーが発生しにくいのも特徴です。
また、口の中でスプーンをなめた時のような金属特有の味がしないので、違和感なく食事を楽しむことが出来ます。

コバルトクロム床義歯

金属床義歯としてコバルトクロム素材は最も歴史のある素材です。
厚みがレジン床の約1/5と薄く、口の中に入れたときの違和感が少ないのが特徴で食事の際も熱がよく伝わります。

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ樹脂は透明度があり、審美性の高い義歯製作に適しています。
素材の特徴として曲げからの回復力が強く柔軟性があり、樹脂の表面がきめ細やかであるため研磨性にも優れています。