豊島区大塚の歯科なら大多和歯科医院|スポーツ歯科

大多和歯科医院
電話番号 電話番号

よくあるご質問

急に歯が痛くなったのですが診てもらえますか?
当院は予約制となっておりますが、急患の方は随時受付しております。ご来院の前にお電話でご連絡ください。
妊娠中、授乳中でも治療は受けられますか?
原則として妊娠のどの時期でも可能ですが、5ヶ月から7ヶ月の安定した時期がいいでしょう。また、出産直後の歯科治療は軽いむし歯や、歯肉炎などの軽い歯周病治療であれば治療可能です。それ以外の痛みや腫れを伴う治療は応急処置にとどめたほうがよいでしょう。
妊娠の可能性のある方、または授乳中の方は必ず診療前にお申し出ください。
歯周病とはどんな病気ですか?
歯周病とは歯と歯肉(歯ぐき)の間から原因菌(歯周病菌)が入り込み、歯を支えている歯周組織(歯肉、歯根膜、セメント質、歯槽骨)を壊して行く病気で、歯肉炎と歯周炎に分けられます。
歯肉炎というのは炎症が歯肉の部分だけに限られている状態で、歯周炎というのは、さらに炎症が深く広がって歯の周りの組織や歯槽骨を壊すまでに進行した状態をいいます。
日本人では、35歳~44歳に人でおよそ81パーセント、45歳~55歳の人では85パーセントの人が歯周病にかかっています。つまり中高年のほとんどの人が歯周病にかかっているといってもいいのです。
歯ブラシ以外の道具も使った方がいいのでしょうか?
歯ブラシの補助的な道具として、歯間ブラシやデンタルフロス(糸ようじ)などがあります。基本的には歯ブラシがうまく使えればよいのですが、それだけでは十分でないことが多く加齢とともに歯肉が退縮したり歯並びが悪くなり、歯ブラシがうまく届かない部分があったりする場合は特に効果があると思います。
また、最近は超音波の振動で歯についた歯垢を除去できたりする、電動歯ブラシが販売されています。普通の歯ブラシでも電動ブラシでも歯磨きの効果は磨き方次第で大きく変わります。歯磨きで一番重要なことは正しく歯垢が落とせているかどうかです。正しいブラッシング方法を身につけましょう。
歯のクリーニング(PMTC)で歯は白くなりますか?
PMTCは歯の表面の着色は落とすことができますが、歯の色そのものを変えることはできません。
PMTCの目的は、歯の表面に付着した細菌バイオフィルムを破壊し取り除く事です。
言い換えれば、歯の表面に付着したプラーク(歯垢)を取り除く事で、お口の中の細菌を減らすこととなりますので、虫歯や歯周病の予防につながります。